基金の組織

基金の組織

 基金は、本部を東京都に、支部を各都道府県及び指定都市に置いています。
 本部は、理事長(代表者委員会が総務大臣の認可を受けて任命)の下に、補償及び福祉事業の迅速かつ公正な実施を図るための統一的な基準を作成し、その実施の確保を図る業務を担当しています。
 支部は、支部長(都道府県知事又は指定都市市長)の下に、個々の具体的事案について、本部との必要な協議を行いながら、公務災害・通勤災害に該当するかどうかの認定、補償金額の決定、その支払などを担当しています。

基金の組織図

代表者委員会・役員等一覧

支部一覧

役職員数

役員数

 基金の役員数は6名(常勤3名、非常勤3名)です。

職員数

 基金の業務に従事している職員数(平成29年3月現在)は、次のとおりです。

  本部 43名

  支部 1,088名(うち基金業務に専ら従事する職員96名)

 なお、支部では、法律に基づき、都道府県又は指定都市等の職員が支部職員として基金の業務に従事しています。

役職員の給与等の支給基準